フロントガラスの飛び石修理の専門店|千葉県柏市 | 作業工程
千葉県柏市、ウインドリペア専門 ディーラー様や量販店様、自動車ガラス屋さんにてリペアは無理と判断されてしまった。そんな、フロントガラスのヒビも直径3cm以内であれば修理可能。
ウインドリペア フロントガラスリペア フロントガラス修理 フロントガラス 飛び石 フロントガラス 補修
3293
page-template-default,page,page-id-3293,ajax_updown_fade,page_not_loaded,
title

作業工程

 

ウインドリペア作業工程

 

ダメージの確認と・観察

ダメージの把握と施工工程の決定

ヒビがどのように割れていて、不純物の混入があるか等、施工工程を決定する上で必要な情報を良く観察して決定します。

そして、運転席の目の前にある場合や、リペア後の強度が確保出来ないと判断した場合、オーナー様とフロントガラス交換を視野に入れ相談します。

この時点で、お見積もり致します。(90%以上のヒビが15000円(税別)です。)
そして重要な、仕上がり予測をお伝えします。

オーナー様から、ウインドリペアへのゴーサインを頂いたら、施工開始です。

ドリルド

複雑に割れた石が当たった衝撃点を綺麗にします。
衝撃点を大きくするのが目的ではなく、バリを取る様なイメージで滑らかで綺麗な穴にします。
又、このドリルド工程は、最後の方の工程、樹脂で埋める為の、足付け作業にもなります。

フロントガラス修理 ドリルド フロントガラス修理 ドリルド2

衝撃点の清掃 ウインドリペア中は紫外線カット

衝撃点の清掃と紫外線カット

ドリルドで出たガラスの粉を取り除きます。
又、亀裂内の圧入する樹脂は、紫外線によって硬化します。
その為、樹脂圧入中は外からの紫外線をカットします。

インジェクターのセッティング

亀裂内の空気を吸い出す(負圧)、樹脂を圧入する(加圧)インジェクターと云われる機械のセッティングに入ります。

ウインドリペア・インジェクターの台座 メイン・インジェクターのセッティング
wind_howto9

亀裂内すべてに樹脂が入る様サポート

この工程では、沢山のテクニックを使用して、亀裂内すべてに樹脂を完全圧入します。

圧入完了と紫外線硬化

亀裂内すべてに、樹脂を完全圧入する事が出来たら、UVランプを当てて圧入した樹脂を完全硬化させます。
この時点で、ヒビの空間は樹脂で満たされ1枚ガラスに戻ります。

亀裂内に圧入完了 紫外線硬化
衝撃点の処理 衝撃点を埋め紫外線で硬化させる

衝撃点を埋める

ここで、インジェクターの仕事は終わりです。
インジェクターを取り外したら、衝撃点の穴を塞ぐ工程に入ります。
専用樹脂を注入し、また、UVランプで硬化させます。

衝撃点の処理2

樹脂で埋めた衝撃点の余分な樹脂を削り、コンパウンドで透明度を出す為に磨きます。

余分な樹脂を削る コンパウンドで磨く
仕上がりの確認 保証書の発行

仕上がりの確認と保証書の記入

ウインドリペアの全行程が終了したら、仕上がり確認と保証書の発行です。

全作業工程終了

これにて全工程終了です。
ウインドリペア施工後は普段の様に気にせず、ご愛車のお乗り頂けます。
但し、どんなに完全に直しても、数百台に1台程度、ヒビが広がってしまうものもあります。
そんな万が一の時の為に、当店では、責任を持って施工させて頂いている証として保証書を発行しております。
安心してお任せ下さいませ。

win1a